HOME>コンテンツ>コンテナを購入したい場合は販売店へ相談しよう

コンテナを購入したい場合は販売店へ相談しよう

コンテナ

使う場所や用途などをチェックしておく

日本は、今まさに大変な経済成長を遂げようとしています。これも、アベノミクス景気の効果でしょうか、若者たちは、次から次へと新しいビジネス開発展開して、東京証券市場は最高の活況を呈しています。様々なビジネスシーンでコンテナを利用するケースが増えつつありますが、これは商品を安全かつ清潔に保存するために不可欠なスペースです。様々な種類がありますが、大別すると2種類に分けられます。すなわち、長さが20フィートのサイズのものと10フィートのサイズのものです。窓がついているものや断熱材が施されているものもあります。盗難防止のために、きっちりと施錠できるタイプのものもあります。コンテナを購入する場合には、専門の販売店から購入しますが、実際に使う場所や用途などのチェックをしておくことが大切です。

コンテナ

コンテナの価格相場を確認

実際にコンテナを購入する場合には、販売店と交渉して、お値段を決めなければなりません。これが案外大変な作業です。コンテナにはオプション料金というものがあります。例えば商品を冷凍保存できるようなものでは、それなりの高額な費用がかかります。盗難防止のセキュリティのための施錠設備や防犯カメラの設置も大切です。ざっくりとした話ですが、100万円くらいを見込んでおけば遠からずです。 それから忘れてならないのか運搬費です。大きなサイズなので、それを運搬するのにも大きなトラックが必要です。それからコンテナを吊り上げたり吊り降ろしたりする時にクレーンが必要となります。 これらの費用をひっくるめて10万円から20万円といったところでしょう。それから建築許可申請の費用もかかります。こちらは50万円くらいが上限です。

広告募集中