トランクルームは信頼できる業者から借りよう

トランクルームは法人・個人ともに利用する人が多く、書類や季節外のアイテムなどさまざまな「今は使わなくても必要なもの」を預けています。
預けている品は不要なものではないため、いつかは使う大切なものです。大切なものを預けるからこそ、安心して任せることができる信頼できる業者を選びましょう。

トランクルームと貸倉庫の違い

管理と責任が伴っているトランクルーム

トランクルームのサービスの呼び名を使うことができるのは、国土交通省に営業倉庫の登録を行っている業者のみです。
預けた品物は、業者の責任のもと大切に保管され、破損など万が一のトラブルにも補償が受けられることもあります。管理体制も整っていて、荷物の引き渡しの際にも多くのトランクルームでは立ち会いが行われます。

自由だがトラブルもある貸倉庫

貸倉庫は不動産賃貸契約が行われます。賃貸アパートやマンションといった契約というイメージです。
倉庫業法に基づいていないため、自由なサービス展開されていますが、預けた品物に対する保管責任を多くことはほとんどなく、トラブルも少なくありません。
特に屋外タイプは料金や安い反面、空調などの設備が整っていないことも多いため、気温や湿度などに左右されないものを預けましょう。

ハローストレージとは?

ハローストレージはトランクルームの業者さんです。全国に物件数は1,500物件以上、約82,000室以上展開しています。
Webや電話から簡単に申し込みをすることができ、屋内外のトランクルームを選ぶことができます。24時間警備と防犯カメラが設置しているので防犯対策も安心で、24時間いつでも利用することができます。

ハローストレージが人気の理由TOP3

倉庫
no.1

数多くのトランクルームを展開している

ハローストレージでは、全国に約82,000室以上のトランクルームを展開しています。
トランクルームのタイプも屋内・屋外から選ぶことができることができ、物件の場所だけでなく、広さや料金、空き状況などは手軽にWebでチェックすることができます。

no.2

手続きが簡単

トランクルームは通常、契約を結びながらも費用の支払いなど対面で行われます。ハローストレージでは、物件チェックから申し込み、契約関連の書類の受け渡し、契約金お支払いまでWebで完結することができます。完結後鍵の受け渡しで利用が可能になります。

no.3

盗難対策や保険も完備

セキュリティに関しての24時間の警備や防犯カメラが設置されていて、盗難対策が取られているだけでなく品物に関しての保険が屋内・屋外どちらも自動付帯されています。火災や破裂、盗難などに適用されていて万が一のときにも安心です。

自社内のスペースを確保【ハローストレージの活用方法】

倉庫

法人でのトランクルームの活用方法

近年の企業では、ペーパーレス化が進んでいますがそれでも書類の量は莫大です。
経理の帳票や書類などは、企業の創業年数が長いほど保管されているものも多く、個人情報などの機密事項に関わる書類も保管することになります。警備体制が整っているトランクルームを活用すると、滅多に見ることなくても保管が必要な書類を厳重に管理することができます。
書類だけでなく、使っていないイスや机など備品もトランクルームに預ければ、スペースのムダを省きながらまた使うときには購入せずに利用することができます。
在庫管理をするスペースとしても活用することができます。セミナーなどでノベルティを配布している企業では、普段使わないノベルティの保管場所としておすすめです。また、個人の物を預けたいという場合もトランクルームを利用することができますが、庭があるという方は物置を検討してみるのも良いでしょう。物置であれば好きなものを収納しておくことができ、すぐに取り出すことができます。

有限会社タマムラ

コンテナから簡単に選ぶことができるようになってる!コンテナの販売内容を参考にしておこう!

物置激安の商品を選ぼう!

全国各地のトランクルームを数多く紹介中♪

広告募集中